歯が下がっているところ

治療目標ブラッシングの役割分担

乱杭歯で常に頬や唇を噛んで口内炎が出来ていた私にとっても今思えば関係ないわけではありませんでした。
2)マウスピース矯正との出会いそういう経験をしながら、自分の歯並びを治療しようなんてことはすっかり忘れていました。
次に就職した歯科医院で、私の歯並びには転機が訪れます。
なんと、マウスピース矯正をやっているというのです。「マウスピース型の矯正!?」
歯磨きだからこそ多くの専門医が毎日考えているのです

  • みんなは入れ歯
  • 歯肉は心とカラダの調子を映す鏡なのです
  • バージャー病に関与

歯周病の場合には沢山あります大学で6年、国試浪人に1年、歯科の勉強をしつくしたつもりだったのに、そんな矯正は知りません。「マウスピース矯正って、固定のことですかね。」固定歯が動かないように入れておくものと思ったけれど、違うらしいのです。「マウスピースで歯が動く」らしい。どういう仕組みかというと、2週間ごとに、次の歯並びのマウスピースを着けていって、徐々に歯を動かしていく。率直な感想は、「へーいいね。そういうので治せるなら」「よくわからないけど、これなら自分もできるかも!」ということで、やろう!と思ったらすぐ、健康な4本の歯を抜きに行きました。(注:絶対にマネしないでください。

 

多くの人々は歯科医院

全ての方が歯を抜く必要はありません。)抜いたら、もうやるしかありませんよね。そして、自分自身のマウスピース矯正が始まりました。
矯正治療といえばマウスピース矯正であれば、心配していた見た目も目立ちません。自分で取り外して食事も歯ブラシもできるので虫歯になりやすいという心配もありません。
ワイヤー装置がひっかかって口内炎ができるというイメージがありましたがもちろんその心配もありません。
マウスピース矯正を知っ『案ずるより産むが易し』とはよく言うもので、プロにお任せすれば怖いものはありません。私の場合、矯正治療を始めるまでに時間がかかりましたが、てから始めるまでの時間はすごく短かったのです。そしてその分早く矯正治療が終わるので、どうせやるなら早い方がいいというのが私の感想です。
歯がその人そのものを表すとしています
歯が接触し続ける
歯並びが悪かった

矯正治療をして変わった3つのこと

矯正治療をして変わったことが3つあります。
1)自分の気持ち2)周りの反応3)周りへの反応です。
それは1)自分の気持ち:始めはやっぱり歯が動いていることが目に見えないからもどかしいんです。だいたい、4ヶ月くらい、もどかしかった。毎月、歯並びの写真を撮ってもらい、チェックするのですが、やっと、動きがわかったのが4カ月目くらい。その不思議な感じはやってみないとわかりません。歯がほんとにマウスピースで動くんだ、と安心する瞬間です。

 

真に勝つ歯科医院は他

でも始めは歯の動きだけが変化です。「始めは」って、歯の矯正治療なのだからずっと「歯だけでしょ」って思いますか。でも違うんです。自分は歯医者だし、勉強したから矯正治療のことだってわかっているはずって思っていたのですが、全然わかっていませんでした。歯並びが変わることで、体も変わるんです。まず、顔です。矯正開始から9カ月目くらいに、はっと気づいたことがありました。矯正治療前と、顔が変わっているんです。マウスピース矯正の場合、食事の時にマウスピースが外せるので普段通りの食事ができます。体重は変わっていないのに頬の感じが変わってる。すっきりしているんですね。これについては、また別に書きたいと思います。
歯が下がっているところ

歯はかわいいという認識もありました

女子としては番お伝えしたい感動なのでそれと、笑った時の口の形が違いますね。歯並びが悪かった時、自分では意識してないけど、歯並びを隠すような笑い方をしていましたことを今になって気づきました。
私の場合、口角トレーニングをしなくても、自然に口角が上がっていました。矯正治療を始めてから鏡をよく見るようになったのが、関係していると思います。
2)周りの反応
仕事で海外に行くことが多くありました。「海外での歯並び事情」は、私も少しは耳にしていましたが、そこまで気にしていませんでした。