医院の収益が増えた

歯周病は細菌感染症だ

歯周病のウガイはこれと同じことをやればいいのです
それは、その医院がどういった方向を目指していて、最終的なゴールがどこにあり、そのゴールを目指すためにどのような設備があって、どういう治療ができるのか。そうしたストーリー(1イメージ)を、患者さんに順を追つてわかりやすく見せてあげることです。
具体的に言えば、陰圧完備の無菌オペ室、各種レーザー(炭酸、ウォーターレーザー)、ガス滅菌、高圧滅菌、マイクロスコープ、そろえている半導体、ネオ·エルビュームCl等、最先端歯科診療設備をまた、一流の空間、一流の接遇、納得のいく説明を可能にする情報伝達ツール等があること、などです。

(1)歯科医院の「紹介DVD」の作り方歯科医院のコンセプトを明確化する(2)そのための設備の紹介をする
その設備を使用した治療法を紹介するスタッフ紹介と担当紹介をするかかっている患者さんの感想生の声医院長の挨拶と考えを入れる責任者を決めて、スタッフ全員で作る。
を入れる。
歯科医院の中でも外でもびっくりするような変化がありだまされたと思ってお試しください!
ます。
歯科医師が「本」を出している。
歯科医師が自ら執筆した本を出している歯科医院は、成功している確率が高いです。
これは、歯科医院以外の医療機関でも同様ですが、患者さんは「先生が本を出している」この先生は経験豊富で実績もあるのだと感じます。
歯みがきさえキチンとしていれば虫歯

歯間ブラシを使いたがります

多くの人々は、「本を書く」だと認識します「世の中に発信したい明確な経営理念や、哲学を持っている」の=つまり、本を出すことによって、その先生や医院に対する信用度、信頼度が著しく高まるのです本の中で、院の魅力を子細にわたって伝えることができますまたDVD同様、医院の様々な特長を紹介することにより、患者さんに対してその医作った本は、待合室や受付など、できるだけ患者さんの目につく場所に置いて置くことが重要です。

歯並びの人が多い環境でした


審美的な役割あなたの見た目の一部

また、ホームページ上でも目立つように告知しておくと、新患が増える確率が高いです。
なぜなら、どこの歯科医院に行けば良いのか迷っている人にとって、先生が本を出している歯科医院と、そうでない歯科医院があった場合、前者の医院を選ぶ確率が非常に高いからです。
歯科医院のブランディングにとって、本を出すことはとても有効です!
13「ストーリー(物語)」をつくっている。
たとえば、自費だけで「患者さん一人あたりの歯科診療費が300万円の富裕層」の患者さんをきっちり持っている歯科医院があるとします。そのような歯科医院は、そうした結果に見合う「ストーリー(物語)」をしっかりとつくっています。
「ストーリー」をつくるとは、どういうことでしょうか?
歯磨きをしましょう

歯が丸かったら負けますね

それは、その医院がどういった方向を目指していて、最終的なゴールがどこにあり、そのゴールを目指すためにどのような設備があって、どういう治療ができるのか。そうしたストーリー(1イメージ)を、患者さんに順を追つてわかりやすく見せてあげることです。
具体的に言えば、陰圧完備の無菌オペ室、各種レーザー(炭酸、ウォーターレーザー)、ガス滅菌、高圧滅菌、マイクロスコープ、そろえている半導体、ネオ·エルビュームCl等、最先端歯科診療設備をまた、一流の空間、一流の接遇、納得のいく説明を可能にする情報伝達ツール等があること、などです。

子供の治療について


割と安価でセットできる補綴物の紹介です銀歯
それら一つひとつが脈絡を持ってつながっていること。それが、ストーリーを構築している、ということなのです。
こうしたストーリーがあって初めて、富裕層の患者さんに300万円でも安い!」ただけるのです。実際に、収益に見合うストーリーが欠けている歯科医院は、患者数、という現象が起きていますと思ってい収益が減る成功する歯科医院にとって、その医院独自のストーリーづくりはとても重要です。
人の子どもたちの変化

歯を予防するこれは実

「歯科医療設備投資」に力を入れている。
「システム投資」成功している歯科医院は、ます。
資金の許す限り、常に「設備投資」に力を入れてい歯科医療の質と診療効率を高める新しい歯科医療機器や、患者さんへの満足度と納得度を高める歯科医療説明ツールの導入。できる限り設備投資している歯科医院は、どんどん歯科医院の効率を上げて、歯科医療の質や、その医院に対するイメージも高まります。その結果、患者さんの満足度と納得度も上がっていくのです患者さんの満足度と納得度が上がれば、患者さんの定着度、スパイラル的な現象として引き起こすことを可能にします。
口コミの拡散の総数、また収益増も設備投資に力を入れている歯科医院と、額においても格段の開きがあるのです。
あまり力を入れていない歯科医院とでは、新患数、収益最新機器の導入率」が高い。
統計上、「最新機器」「目新しい歯科医療機器」の導入による集患効果は、意外と高いです。