歯の治療に行っていました

歯になっちゃうんです!

筋肉や骨は栄養を取り込むことで育っていきますから、たんぱく質などの栄養素をとることももちろん大切ですけれど、栄養が細胞に取り込まれないことには骨も筋肉も成長できません。細胞に栄養を取り込むために必要なのが「運動」なのです。
では、あごにとっての運動ってなんでしょう?
以外にはないのです。
そう、よくかむことです。
いえ、よくかむことかむことは、走る、跳ぶ、重い物を持つなどに匹敵するあごにとっての唯一の運動です。たとえば腹筋運動をするとき、私たちはおなかの筋肉を引き締めたり、伸ばしたりしますね。食べ物をかむときも同じです。かむたびに、歯と歯槽骨歯が埋まっている部分の骨の間にある「歯根膜」は圧迫されたりゆるんだりします。
恵比寿に矯正の治療に行ってきました

かかりつけ医に確認できるようなら確認すれば確実です

さらにかむ力は顔の筋肉を介して、頭蓋骨(あごと顔をつくっている骨)全体にも伝達され、やはり骨の細胞を圧迫したり牽引引っ張ることしたりしますすると、歯根膜の中や頭蓋骨の骨芽細胞(骨の形成を行う細胞が栄養素を取り込み、骨を増やしその結果あごの骨が育つのです。このため、子どもならかめばかむほどあごの骨が大きく育ちますしそうこつずがいこつけんいんこつがさいぼう·せっかく授かった遺伝子を開花させるのは自分前出の齋藤滋先生は、あごの発達についてこのようにおっしゃっています。
「人のあごが成長できるのは、骨芽細胞などが骨をつくるからです。私たちは両親から、ほぼ平等に骨をつくる遺伝子をもらっていますから、人は誰でも骨をつくる力を秘めているといえますこつがさいぼうての骨芽細胞などが骨をつくるためには、栄養が必要です。

 

歯が小さい内なら抜かずに済む事も多いのです

細胞には口がありませんから、細胞を伸び縮みさせることでアミノ酸を細胞内に取り込みます。この伸縮運動こそが『かむ』という行為です。実際にかむことによって、あごの骨がたわみ、その細胞がしなります。こうして細胞がアミノ酸などの栄養素を取り込むことで、せっせと骨をつくる遺伝子が活性化していきます。逆に言えば、親からもらった遺伝子も、あごを使わなければ、つまりかまなければ花開くことはないんですあごの発達のためには、ともかくかむ·かむ·かむそれは誰もが生まれもった骨をつくる遺伝子を十分活用させることにつながり、ひいては美しい歯並びをもった永久歯を獲得することにもなっていくのです」なるほど!と思いませんか?どんなにすばらしい遺伝子をもっていても、開花しない……それはあごについても同じなのです。
本人の努力なしにはだからといって、特別に「あごを育てる食事」を用意する必要はありません。
寝ている間の歯ぎしり歯石除去デンタルフロスフッ素塗布を行ってもらえます食材の種類を増やし、1日3回しっかり食べること、まずはこれがたいせつです。そして、できればひと口につき30回かむことを心がけてください。右側10回、左側10回、そして左右両方で10回の計30回はかみたいものです。
厚生労働省は、日本歯科医師会や日本学校歯科医会などと連携し、食育活動の一環として2009年から「噛みんぐ30かみんぐさんまる」という食育運動を展開しています。健康寿命を延ばすためには、幼いころからのしっかりかむ習慣が大事だという観点から生まれた活動です。

    1. 歯の色が黒いのがコンプレックス
    1. 歯ロ外時置が日歯に生え替わった時点で歯をかみ合わせたとき
    1. 歯にするか部分入れ

歯予防の場合にはその効果

これまで食育というと「何を食べるか」「誰と食べるか」「いつ食べるか」といったテーマが中心に語られてきましたが、そこに歯科医師や歯科衛生士が加わることで「食べ方」への支援が広がっていくのではないかと期待しています
·おっぱいを「かむ」ことが最初のあごの運動もしもこの本をお読みの方が妊娠中だったり、これから赤ちゃんをもとうとする人であれば、ひともおすすめしたいことがあります。それは母乳育児乳房からおっぱいを飲むこと)です。
マのおっぱいから直接母乳を飲むことは、かむことの予行演習になっているのです。
ぜマ赤ちゃんに最初に母乳を与えたとき「なんだかイメージが違った!」と驚いたという人の話をよく聞きます。
歯科診療も当然保険適用外
歯の健康状態を数値化して見られる

歯ブラシの初体験にはまったく向かない時期

「妊娠中は、『赤ちゃんが生まれたら母乳は自然に出て、乳首をくわえさせればいいんだろうな』くらいに思っていたんですが、そうじゃないんですよね。赤ちゃんはおっぱいにかみついているみたい」と言うのです。
実際、赤ちゃんは乳首だけでなく、乳輪の外側にまで口を大きく広げ、あごを大きく動かしておっぱいを吸います。その姿は「かむ」という動作に似ていると思いませんか?母乳は哺乳びんの乳首とは違い、口をつけて吸うだけでは出てきません。口のまわりの筋肉や頭のわきの筋肉をしっかり使い、あごを動かすようにして吸い出さないと母乳は思うように出てこないのです。これらの筋肉は、1日に何回も授乳のたびに動かされています。赤ちゃん期のうちにかむための筋肉は日々発達しているといえますよね。
母乳が「上手に食べる」ことの予行演習であることは、舌の動かし方を見ていてもよくわかります。赤ちゃんは母乳を飲むとき、舌を乳首に巻きつけ、舌全体を上あごに押しつけるようにして強い力で吸引しています。実はこれ、舌を正しく使って嚥下食べ物やだ液などを飲み込むことする練習になっているのです。前のページで詳しく説明しますが、嚥下のとき正しく舌を動かせないと開咬などの不正咬合の原因になるのですから、非常に重要なことです。